海外のエージェントに登録する

仕事獲得の機会は広がるがデメリットも

 海外のエージェント(翻訳会社)では英語→日本語の翻訳者の需要が高まっており、仕事獲得のチャンスも多いですが、日本国内のエージェントと比較して次のようなデメリットもあります。

・メールや電話のやりとりなど、すべて英語で行う必要があり、細かいやりとりが通じないこともある

・職務経歴書(CV)も英語で作成する必要があり、契約書も英語でやり取りする必要がある。

・時差の関係で深夜や早朝にメール(ひどいときは電話も)やSkypeでメッセージが来ることがある。

・仮に会社の業績が急激に悪化して支払いに滞りなどがあったとしても回収に時間がかかる(最悪回収できない可能性も)


複数の取引先と取引して安定的な受注を

 上記のように時差の関係もあるのでできれば日本国内のエージェントとだけ取引して目標の収入を得られれば良いですが、仕事量には波があるため、海外も含めたエージェントと取引しておくと、安定的な受注につながります。


相手先からコンタクトしてもらうようにする

 オンラインで登録ページを設けて常時翻訳者を募集している会社もありますが、できれば先方からコンタクトを受けた上で応募した方がその後の流れがスムーズになります。翻訳者としてすでに経験がある人の場合は、国内外の翻訳者のディレクトリに自分の情報を掲載することで、相手先から連絡をもらえる可能性があります。

掲示板を見て応募する

 また、ディレクトリには仕事を依頼したい人や法人が書き込みをしている場合がありますので、そのような書き込みの指示に従って応募書類を送付するという手段もあります。

Proz.com

Translation Directory

TranslatorsCafe

Translator Base

など

英語で応募書類を用意する

 応募の際には、英語の応募書類が必要になります。

Curriculum vitae (CV)・・・履歴書(職務経歴書)のこと。Resumeともいう

英語のCVには以下のような内容を盛り込みます。

  1. 連絡先 (Contact information)
  2. 言語ペア (Language combination)
  3. 専門分野 (Field of specialisation)
  4. 翻訳以外に提供できる言語サービスの種類 (The services you provide besides translation)
  5. 学歴と翻訳関連の資格(Education history and relevance qualifications)
  6. 職歴と翻訳関連の経験業務(Relevant professional experiance with examples of projects)

how to write a translator’s CV“などのキーワードで検索するとサンプルが色々ヒットします。

2019年世界の翻訳会社上位20社

(アメリカ CSA Research 社調べ)

会社名地域本社日本法人
1TransPerfect北米アメリカあり
2Lionbridge 北米 アメリカあり
3LanguageLine Solutions 北米 アメリカなし
4SDLヨーロッパイギリスあり
5RWS Holdings ヨーロッパ イギリスあり
6translate plus ヨーロッパ イギリスなし
7Keywords Studios ヨーロッパ アイルランドあり
8Appenアジア太平洋オーストラリアなし
9Hogarth Worldwide ヨーロッパ イギリスあり
10Welocalize 北米 アメリカあり
11Amplexor ヨーロッパ ルクセンブルクあり
12STAR Group ヨーロッパ スイスなし
13Translation Bureau 北米 カナダなし
14CyraCom 北米 アメリカなし
15Acolad ヨーロッパ フランスなし
16Semantix ヨーロッパ スウェーデンなし
17Pactera アジア太平洋 中国あり
18thebigword ヨーロッパ イギリス
19翻訳センターアジア太平洋日本
20United Language Group 北米アメリカ

上位100社はこちら

Top 100 translation companies in 2019